空の青さに洞

晴れてあげるから安心して下さい

2018/02/21 (水)

わたしは今、格好のつかない風邪を引いている。つまりは、ただの風邪を引いている。インフルエンザだったらまだしっかりと休めて、しっかりと気にかけてもらえるけれど、ただの風邪だから、ただいつもより少し遅く起きて、ただいつもより優しいご飯を食べて、ただいつもよりあまり動かずに過ごした。

そうやって休日の半分を終えたところで、ただの出不精に思えてきて、散歩に出た。ただ、いつもより目一杯の厚着をした。

すっかりと昏黒だったから、眼鏡をかけていないのに信号が見易いな、なんて茫と思っていたけれど、ずっと黄色信号だと思って見ていたものはそういう色の街灯だった。

f:id:ufu_to_ufu:20180221232101j:image

CD屋に寄って、くるり / その線は水平線 を買った。ジャケットの写真は奥山由之さん、とても好き。とっくに日は暮れた今日でも好きに夕日を沈められる仕様、にはわたしがしたから、申し訳ないけれど夜も朝も構わず沈めたい日には沈めていきたい。

f:id:ufu_to_ufu:20180221232134j:image f:id:ufu_to_ufu:20180221232139j:image

 

f:id:ufu_to_ufu:20180221232249j:image

好きばかりが並ぶこの流れ、至極心地よいね。波のたゆたいのようだね。

2018/02/14 (水)

起きしなに、「今日は風が多いな」と感じた。窓の微量な動きを認めたので、きっとそうだと思った。

無論、風吹き荒ぶ中、借りたdvdを返すべく歩いた。直前まで観ていた「夜は短し歩けよ乙女」のワンシーンに、風に吹き飛ばされそうになりながらも歩く黒髪の乙女がいて、不覚にも重なったけれど、彼女は快活で髪が短く酒豪でわたしとは正反対なのだった。不覚なそれは風速14メートルで吹き飛ばされた。

昏黒前、フルーツパーラーへ赴き、パフェを食べた。季節のパフェを注文して、パフェが来る前に御手洗を済ませておこうと、席を立った。

手を洗う際に、ハンドソープを適量、手に取る。よい匂いだ とふとパッケージに目をやると「フルーツの香り」と書かれている。

ああ、このフルーツパーラーは抜け目がないな と感心して、きっとパフェは来ていないだろうしまだ食べていないけれども美味しさを洗面所にて確信し、席に戻った。友人を置いて一人抜け駆けで確信してしまったことに申し訳無くなったけれど、結局、私のパフェも友人のパフェも至極美味しかったのだから、それはもうどうでもよいことだった。

f:id:ufu_to_ufu:20180215015711j:image

f:id:ufu_to_ufu:20180215015720j:image

風とパフェに関してはそれぞれのそれぞれを先に確信してしまって、手品のタネを見破ったときのように、風とパフェには落胆させてしまったかなあと思った。この日記を懺悔とする。

2018/2/11 (日)

ちっとも予定のない休日の、クタクタに布団と一体化する午前中らしいこの体たらくに鞭打って分裂、取り敢えず散歩に出た。

家のパソコンでやらなければいけない作業は家から溢れるほどにあるのだけれど、皮肉にも家にいては進まないから、困却の末いつも散歩に縋る。

来週の休日は全て予定を詰め込んだから、困らずに済むし、散歩を頼らずに済むし、非日常はよい刺激になってくれる。家にこもってばかりいてはだめだね、家はあまりにも日常過ぎるから、安堵する他なくて気が狂うよ。だから私はよく断捨離をする。違和がよい非日常になってくれて満足する。

家には確かに何かがたゆたっている、自分を守るもの、自分を安堵させるもの、自分を自分たらしめるもの、それには用法用量が決められていて、過剰摂取した途端に有害、何処からともなく漂ってくる不穏なけむたい倦怠、吸い込んだら駄目、換気をしてください、外に出てください、過剰な安心に蝕まれないよう今すぐ散歩に出てください。

f:id:ufu_to_ufu:20180211032027j:image

2018/02/02 (金)

今日は、演劇鑑賞すべく渋谷へ赴いた。
青柳いづみの絶叫と、川上未映子の少女の、生々しい内側をみた。

"先端で、さすわさされるわそらええわ"
音響、照明、映像、衣装、大道具、小道具、川上未映子の少女たち、青柳いづみの声、目線、曲線、一挙手一投足、肌、息継ぎ、すべての起伏の線は烈しく、その線の丸みに添われたと思った途端、矢庭に鋭利な先端に長い間刺され続け、瀕死寸前のところをまた丸みに救われる、まさしくその劇場は激情であった。

"すべて真夜中の恋人たち"

f:id:ufu_to_ufu:20180202202144j:image

「なんでもないのに、涙がでるほど、きれいです」そういうことが幼少期からよくあって、日常的に人知れず涙を堪える。だから、厄介な情緒不安定に思われるのだが、父親はよく私に「悲しいのか」と聞いた。何故悲しいと決めつけるのかよく分からなかった。当時の私は、私の日常が皆の日常だと、まだ信じきっていたからだった。

だから私は今日、青柳いづみが下手から出てきた瞬間に泣き、長科白の後のハアという息漏れに泣いた。

涙をほったらかしにして見入ったせいで、唇を舐めたらしょっぱい。だから、目と唇の間に流れる二本の川もきっとしょっぱい。きっと、海は近いのだろう。鹹味によって自分の末広がりを信じようと思った。

様々な起伏を自分のオシロスコープでみた、みえた、みることが出来た。感情の起伏をありがとう、と、最近すべてのものに思うよ、ありがとう。

f:id:ufu_to_ufu:20180202202204j:image

2018/01/30 (月)

路肩に、淀んだ高層雲の一部が欠けて落っこってきちゃいました、みたいな、濁りかけた雪の集塊が点在している。

雪国育ちの私は18回もの豪雪の襲来に立ち会ってきたから、雪を見ても、雪かきしなくちゃ、転ばぬよう優しく歩かなくちゃ、全く手が焼けるなあ、この熱々の手で溶かしてしまいたい、と思うのだが、こちらの人々は、この褪せ果てたやつらを見ても美しいと思うのだろうか。白白と落ちたての、白皙な肌の頃と同じくらい儚くて奇麗だなんて言えるのだろうか。陰と陽、黒と白、夜と朝、やはり前者たちが悪役に回されてしまうのは何故だろう。日陰や昏黒を愛して何が悪いのだろう。それらによって光を愛せているというのに。いや、それよりも模糊を許してほしい。なんでもかんでも白黒つければいいってもんでもないよ。

『地元はどうだ。寒いか。痛いか。相変わらず雪に困らされているか。上京すると、「やはり寒さには強いのか」と言われるから気を付けろ。此方の人々は北国育ちの私達を変温動物と思っている。決して身体はその地に適応しないしちっとも進化しない、ただ着込んでいるだけなのにな。焼いて食われないよう用心しろよ』

今年の冬は、周りの高揚と、自分の平熱との差で、一層体感温度が下がっている気がする。

2018/01/28 (日)

諳んじている柴田聡子さんの唄を口ずさみ、来週は谷川俊太郎さんの展示に行こうと予定を立てる。

その前に、バイト先で記述のテストがあるから、先日の座学でとったノートの内容を、空で覚える。

ブログタイトルの「空の青さに洞」とは、雲ひとつなくとてもとても晴れているなあという、私が何気なく詠んだ自由律俳句で、
確かにそこだけに青空が無くて、太陽が、青空の欠如、青空上の空洞に見えるから、これはもしかしたらうつしよからの脱出孔かもしれない、死後の極楽浄土へ繋がっているかもしれない、せめて、と、晴れは死者を弔っているのかもしれない。今日は、サウンドクラウドのロゴの様な雲が散在している。

私は文章を読んだり書いたりしたいんじゃない、他人の文字を介して、自分の文字を介されて、言語遊戯をし合いたいだけだよ。

さて、"そら" は、何回出てきたでしょう。

2018/01/26 (金)

遅ればせながら、‪People In The Box / Kodomo Rengou を購入した。

f:id:ufu_to_ufu:20180126202045j:image

昨年の誕生日に友人から頂いたポータブルcdプレイヤーで、期待値を0以下にして、しゃがみながら聴いた。

f:id:ufu_to_ufu:20180126202050j:image

正直あまりにもよい。4曲目あたりでぐったりとした。いちいち満ちているから、よさを受け止めるべく、溢れないように、升の中にグラスを置いて日本酒を並々注ぐもっきりスタイルのように、私の表面張力を必死に保ちながら、聴いた。

よいもの‪を手にする度、二度と触れるものかと葬ってしまいそうになる、それはジェラシーだよ。でもまた丁寧に拾い上げては忘我の境地に自らが葬られてしまう。恐ろしい、酒なんかより、よっぽど合法麻薬だ、ありがとう日常のドーピングをありがとう、きっとねやめられないよ。‬

f:id:ufu_to_ufu:20180126202059j:image